文部科学省 次世代のがんプロフェッショナル養成プラン「高度化・多様化するがん医療を担う人材育成」

次世代のがんプロフェッショナル養成プラン「高度化・多様化するがん医療を担う人材育成」は、令和5年度から6年間にわたり文部科学省からの財政支援を受け、京都大学を主幹校として滋賀医科大学、三重大学、大阪医科薬科大学、京都薬科大学の5大学が連携し、世界のトップクラスのがん医療・研究施設への短期海外研修、合宿研修会、シンポジウム等の多彩な企画を通じて、専門的知識と高度な技術、確固たる倫理観を兼ね備えた多くの博士研究者・がん専門医療人の養成を行う事業です。
本学においては、大学院医学系研究科博士課程医学専攻・高度医療人コースの中にがん専門医療人養成コース(本科5コース)を設置し、上記の企画を通じて複合的がん個別化医療開発、地域のがん放射線医療の推進、がんに関わる遺伝医療の推進、薬剤学的な先制がん医療の推進、がん局所環境に基づいた新規治療法の開発等を担う医療人の養成を推進していきます。
また、5大学が連携して行うインテンシブコース(新たな治療法の開発と薬物療法マネジメントに貢献する5大学連携薬剤師養成コース)を設置しています。